Translate

2017年1月25日水曜日

エストニアe-residency「電子居住権」は小国の生命線と日経 沖縄の生命線は?

エストニアの首都タリン


最近、個人的に注目しているエストニアのe-residencyについて、昨日の日経新聞夕刊で取り上げられていました。

電子居住権 小国の生命線
エストニア 行政サービス、自国民並みに 投資誘致を促進 ロシア脅威備え
2017/1/24付日本経済新聞 夕刊
http://www.nikkei.com/article/DGKKZO12043610U7A120C1EAC000/

増加するエストニアの電子居住者


日経はe-residencyを「電子居住権」と呼んでいるみたいですね。2014年12月に始まったエストニアの電子居住ですが、記事によると、2016年12月の時点では電子居住者は15,000人を超え、 電子居住者による会社設立数は1200社、会社保有は約2400社と、全体の5%を占めるまでに増加したとのこと。

これまでも電子居住者は増え続けてきましたが、イギリスではEU離脱が決定してから申請が10倍に増えたそうで、世界中の国が保護主義に向かっている状況の中で、EU圏内へのアクセスのゲートウェイとしてのエストニアの存在感は増して来ているように思えます。アメリカがトランプ大統領のもとで保護政策をとった場合、今度はアメリカからエストニアに電子居住し、会社を設立するケースが増えてくるのではないでしょうか。

エストニアは国防のため、世界中の資本やビジネス、政治家などをe-residencyおよびその他のe-estoniaサービスを利用して取り込もうとしています。また、領土を失った場合は現在の国民全体がそのまま電子居住者となり領土がなくとも政府・国民が維持されることまで想定しています。日本の場合はどうでしょうか?

沖縄独自の安全保障として電子居住を導入してみては


日本は小国ではなく、またこれまでセンサー網構築などの高度な防衛体制を作り上げてきたこともあり、現在のところ軍事力で防衛することに不安はありません。しかし20~30年後には中国が日本の10倍の国力を源泉に、軍事力を強化して日本の領土を奪うことは、現実にあり得ることです。中国はこれまでネパールやブータン、キルギス、ベトナム、フィリピンなどから領土を奪ってきており、現在もその流れはずっと続いています。

沖縄は、現実的に領土が他国に奪われることがあり得るということを考えなくてはいけないでしょう。それを防ぐためには、経済発展して世界中の大企業の事業や資本を取り込んだり、高度な研究拠点としての立場を確立したりといった、世界にとって重要な場所としての発展を目指していかなくてはいけません。現実的に沖縄やその一部が奪われたときに、沖縄のアイデンティティをどこか別の場所にバラバラに住んだとしても維持していくことも重要です。

沖縄では5年に一度の「世界ウチナーンチュ大会」として沖縄県系人が集まるイベントがあり、昨年は10月下旬に行われましたが、海外から7,000人の沖縄県系人が集まったそうです。また、海外の沖縄県系人は2016年10月時点で41万5361人とされています。

世界ウチナーンチュ大会の閉会式で撮影した写真

こういった人々の中には、経済的困窮であったり、さまざまな外的要因から世界中へ行っている人も多いです。この人たちや、国内の沖縄県外に住む沖縄出身者などがもし、沖縄に「電子居住」することができれば、経済効果や安全保障への効果が期待できないでしょうか?これだけ多くの沖縄県系人が世界中にいるという状況は、エストニアよりも一気に電子居住者数を増やすことが可能な状況ではないかと思えるのです。

日本と米軍が沖縄を支え続ける状況がいつまで続くかわかりませんし、可能ならば米軍や自衛隊がなくても安全、という状況のほうが良いに決まっています。20年後、30年後の沖縄の生命線をどこかで確保することが必要だと思います。

2017年1月8日日曜日

どうやら骨を煮込んだものが健康に良いらしい

昨日のリーキーガット症候群について書いた内容の中で、骨ごと煮込んだスープが腸に良いということがあったので、早速スーパーで鶏手羽元を買ってきて煮込んでみています。



骨を煮込んだものが身体に良いというのは本当のようで、2015年には「骨ブロス」というのが欧米で大ブームになっていたそうです。私は全く知らなかったです。

欧米の2015年No1トレンド「骨ブロス」がスゴイ!

欧米ではコーヒーやジュースクレンズに代わる「骨ブロス」ブームが到来中! 牛・鶏・豚の骨を煮込んだ「骨ブロス」を毎日少量摂ることで、ダイエットやアンチエイジング効果が期待できるそう。今回は、そんな「骨ブロス」を詳しく解説していきます!

なにやら、骨を煮込んだ汁にアンチエイジング効果、整腸作用、関節強化、快眠効果、免疫力アップの作用があるということで、2014年10月にニューヨークに専門のスープスタンド「brodo」がオープンして話題になったのだそうです。

欧米の「骨ブロス」は、酢を使っていないので日本で言うと煮込みというよりいわゆる「骨汁」に相当するものだと思いますが、酢を使って煮込むと、さらに良い効果があるようです。

■お酢の二大調理効果
  (1)カルシウム不足を補う
日本人はカルシウム不足。
お酢のカルシウム溶出効果を生かして、カルシウム不足を補いましょう。
(2)骨付き肉が食べやすくなる
骨付き肉を煮るならお酢をプラス。
お酢のコラーゲン溶出効果で身離れがよくなり、食べやすくなります。
水分の保持性が高くなり、肉はやわらかくなります。
ミツカン Webサイトより
http://www.mizkan.co.jp/company/newsrelease/2008news/080403-00.html

書いているうちにいい感じに煮込み上がりました。40分ほど煮込んだでしょうか。



スープはコラーゲンやカルシウムが溶け出しているのかわかりませんが、少しとろみのある濃厚な感じになりました。肉は柔らかく、軟骨も一応食べられますが、そんなに柔らかいというほどでもなく。可能であればもっと2時間くらいかけて煮込んだら美味しいだろうなという感じがしました。

鳥手羽や魚はお手頃な価格ですし、なにしろ身体に良いということなので、これからは煮込んでいこうと思います。

2017年1月7日土曜日

アレルギー体質なので「リーキーガット症候群」を疑ってみる

私は喘息、鼻炎、アトピー持ちのアレルギー体質です。調子が良いときと悪いときがありますが、悪いときはステロイド外用薬や抗アレルギー薬が欠かせません。いろいろとWebで検索したりして対策を調べていると、いくつかのことが気になってきました。その一つが「リーキーガット症候群」です。

リーキーガット症候群というのは、腸が傷ついているために腸壁から本来入らないはずの菌や食べ物のかす、毒素などが体内に入り込んでしまう状態のことだそうです。よく少食や断食を奨めている書籍などでも、現代人の腸は休む暇がなく弱っているということが書かれていますので、その一つということかもしれません。

Kindle Unlimitedに「リーキーガット症候群」という本がありましたので、読んでみました。


どうも著者のトンプソン真理子さんという方は医療の専門家ではないということもあり、必ずしも科学的に正しいわけではないようですが、米国で出回っている情報をよくまとめてあるという内容のようです。

腸の「漏れ」が引き起こす体中の炎症


リーキーガット症候群の正式な医学的名称は腸管壁浸漏症候群というそうです。

腸には、食べたものを消化吸収するほか、体からの老廃物の排出、食べ物に含まれる体に悪い病原体や毒物のフィルターの役割があります。腸内の善玉菌の働きが弱まると、腸壁の結合部分の隙間から病原体や毒物が入り込みやすくなり、それがリーキーガットと言われるものだということです。

この状態になると、血液に乗って異物が体中に流れていき、体の免疫システムの反応により体中で炎症を起こしたり、栄養素の吸収を阻害するらしいです。またこの異物を処理する肝臓にも大きな負担がかかります。そうしてリウマチやうつ病、アレルギー、慢性疲労などさまざまな形で発現しますが、リーキーガットを治さなければ病気は治らず、さらに他の病気もどんどん併発していくというわけです。

本の中には皮膚疾患や関節痛、疲労、能力低下、喘息などリーキーガットがもたらす数十にわたる病気、不調のリストが載っています。QOLの低下につながっているのは明らかなので、もしリーキーガットであれば、何らかの対策をしたいところです。

載っていた自己判断テストをやってみた結果は、「おそらくリーキーガットである」でした。

リーキーガットの原因の可能性を列挙


以下のようなものがリーキーガットの原因として挙げられています。

  • ロキソニンなどのNSAIDs
  • 抗生物質
  • ステロイドの長期的使用
  • 制酸薬(キャベジンとか?)
  • 経口避妊薬
  • ガンの化学療法や放射線治療
  • アルコール、カフェイン、精製砂糖、精製炭水化物、食品添加物
  • 穀類
  • 亜鉛、ビタミンB6、ビタミンA、L-グルタミン酸の不足
  • 長期のストレス
  • フリーラジカル
これらを全て避けることはできませんが、リーキーガットの原因かもしれないという意識を持つことが、改善につながるのではと思います。

リーキーガットを治す方法


リーキーガットを治すには、上の原因となるものを取り除くほか、以下の食べ物も摂らないことが大切だそうです。

  • 辛い食べ物
  • イースト食品(アルコールが発生する)
  • 残留農薬
  • 乳製品(カゼイン)
  • 水道水(塩素)
  • 合成洗剤や化粧品
  • アレルギーの心当たりのある食品
  • ナス科の野菜(ナス、トマト、じゃがいも、ピーマン)

逆に摂ったほうがよいものは以下のものということです。

  • 骨ごと煮込んだスープ(牛、豚、羊、鶏、または魚)
  • 発酵食品
  • 蒸したりゆでた野菜(特にアブラナ科のブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、ケール、アスパラガス、芽キャベツなどや、オクラ)
  • ココナッツ
  • 良い油脂(卵の黄身、青魚、牧草飼育の肉、アボカド、ナッツ、バター、オリーブオイル、えごま脂、チアシード、亜麻仁、ヘンプシード、胡麻の油)
  • 果物
  • 蒸留水
  • プロバイオティクス・サプリメント
  • 以下のサプリメント
    • オメガ3脂肪酸
    • 消化酵素
    • L-グルタミン酸
    • ベタイン塩酸(ビタミンB12)
    • 甘草
    • アカニレ樹皮
    • アルテア根
    • ケルセチン
    • アロエベラ
    • 亜鉛
    • ガンマ・オリザノール
    • N-アセチル・グルコサミン
    • N-アセチル・システイン
    • Seacure(深海魚のタンパク質のペプチド)
    • カプリル酸
    • ピクノジェノール
    • 抗酸化物質

デトックスの方法として、以下の方法が紹介されています。

  • 3日~1週間を果物と野菜だけで過ごす
  • ビタミンCフラッシュ(ポーリング博士の方法でビタミンC大量摂取)

本気で根絶するのはなかなか難しいが、軽減はできるはず


この本の中にはいろいろと詳しい説明や日常での生活習慣に関することなどが載っているので、もし自分のように鼻炎やアトピーなどで悩んでいるようであれば一度読んでみてもいいのではと思いました。しかし、正直言って、現代の生活でここにあるようなリーキーガットの原因となるものを完全に遮断することは難しいということがわかります。

しかし腸の役割と体の不調との関係が意識できたので、体調が悪いときにはアルコールやカフェイン、砂糖を控えることやブロッコリーなどの野菜を摂るといったことが出来るはずです。

この本に書かれていることが正しいとは限らないのですが、私個人としては慢性疾患や慢性疲労は医者にかかっても治らないということもあり、一旦ある程度信じてみてもいいかなと思いました。

2017年1月4日水曜日

マイナンバーカードの保険証利用はエストニアの10年遅れ。沖縄先行で普及を

読売新聞は、政府は2018年にもマイナンバーカードを保険証代わりに利用できるようにする方針を固めたと報じました。

病院でもマイナンバーカード、保険証代わりに 

政府は、2018年度にマイナンバーカードを健康保険証として 利用できるようにする方針を固めた。
患者の本人確認を迅速にし、医療事務の負担を軽減するとともに、 カードの普及を図る。厚生労働省が17年度当初予算案に、 システム構築の関連費用などとして243億円を計上した。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170102-OYT1T50086.html


これは2013年のIT総合戦略本部の工程表にも書かれており、2014年6月3日に開かれた第64回会合での安倍首相の発言にも沿った内容であり、既定路線ではあると思います。


他の証明書もどんどんマイナンバーカードに統合される?



工程表には「健康保険証」の他にも

  • 地方公共団体、独立行政法人、国立大学法人等の職員証、民間企業としての社員証としての利用促進検討
  • キャッシュカードやデビットカード、クレジットカードとしての利用やATM等からのマイナポータルへのアクセスの実現に向けた民間事業者との検討
  • 行政が発行する各種カード(印鑑登録者識別カード、施設利用カード等)との一体化
  • 各種免許等における各種公的資格確認機能をマイナンバーカードに持たせることについて、その可否も含めて検討を進め、可能なものから順次実現

 などが書かれており、2021年までにはこれらのを実施するような書かれ方になっています。



つまり2021年までには健康保険証だけでなく、

・運転免許証
・住基カード、住民登録カード、印鑑証明カードなど
・危険物取扱者免状、無線技術士免状など資格証

などなど、いろいろな資格の免許証が可能な限り2021年までにマイナンバーカードへ一元化されていくというのが、現在の政府の方針ということになります。

「電子政府先進国」エストニアが全ての前例として存在する


政府のマイナンバー活用についての検討の経緯を見ていると、やはりエストニアの事例が頻繁に出てきます。人口約131万人で、しかも発展途上国であるエストニアが上がってくるのは、やはり電子政府の分野では間違いなく最先進国だからです。10年前の2007年には健康保険証としての利用が可能になっていますし、電子処方箋や日本の「おくすり手帳」に相当する機能も含まれています。運転免許証や、選挙への投票券としても利用されています。

マイナンバーカード活用に関することは、はっきり言ってエストニアのeIDカードと同じことをやればいいだけ、と言っても過言ではありません。セキュリティに関してもエストニアの方法が成功していますので、真似をすれば、あるいはエストニアの仕組みをそのまま導入すれば良いのです。エストニアは国に資源がなく、何もなかった状態から生き残るためにICTを発展させました。日本は今まさに直面する経済と財政の弱さという事態に立ち向かうためにICTが必要です。

日本のマイナンバーの制度設計上の失敗のひとつが、マイナンバーを隠さなければならない仕組みです。エストニアでは国民ID番号は隠すことは特に意識されておらず、その前提でセキュリティ対策がなされています。マイナンバーカードでの電子認証がなければマイナンバーに紐付いた情報を利用できないといった仕組みに切り替え、マイナンバーを隠すために企業や行政が多大なコストをかけている現状を改めなければ、逆に日本全体の生産性が下がる危険性すらあります。

日本のマイナンバーの仕組みは、もっとエストニアの前例に素直に従った方が良いと思います。

カードの普及率を上げるための思い切った決断が必要


マイナンバーカードの普及率は約8%で、今回の健康保険証についてもカードの普及率が低いままシステムが導入されれば医療機関や行政機関にとっては却ってコスト増の要因になる危険性があります。

エストニアやシンガポールではIDカードは15歳以上の国民全員に配布されており、全ての行政サービスは国民全員がカードを持っている前提で設計することができます。日本では義務化せずに申請を促して普及させていくといった流れですが、せっかくの行政コスト削減や民間企業の活用のチャンスを逃すばかりか、かえって負担をかける結果になるかも知れません。

エストニアやシンガポールと違って日本は桁違いに人口が多いので難しいという面もあるかと思いますが、思い切って義務化なり思い切ったインセンティブの提示を行って9割以上の普及を目指すことが求められるでしょう。


沖縄が電子政府化の先行地域として手を挙げよ



まずは人口約145万人の沖縄で、マイナンバーカードを義務化してみるのはどうでしょうか?これによって沖縄全体で生産性が上がり、マイナンバーカード普及によるメリットが国民全体に明確になるはずです。

沖縄の全ての医療機関と薬局の数は合わせて2,200程度です。この全てに公費でマイナンバーカードを活用した共通電子カルテ、電子処方箋、おくすり手帳を導入するシステムを導入してみるのはどうでしょうか。

運転免許証の統合もまずは沖縄で行えば良いと思います。沖縄県警の職員数は約2,500、車両数は約800です。自動車も警察も越境が少ないため、導入しやすいはずです。

これらは1,000億~2,000億円規模の予算でできることだと思いますので、昨年度のように一括交付金が有効に使い切れずに減らされるくらいなら、沖縄先行で高度な電子政府化に舵を切って日本の中で最も進んだ地域になれば良いと思います。

2016年12月28日水曜日

週刊エコノミスト「おカネと健康 都道府県ランキング」から沖縄だけ抜き出してみる

少し前のものになりますが、週刊エコノミスト 2016年11月29日号の特集で「おカネと健康 都道府県ランキング」というものがありました。



データは記事内には見やすくまとまってはいないので、文章中の記載も含めて沖縄県が何位だったかだけ抜き出して並べてみます。

救急時の病院収容所要時間(短いほうが順位が高い) 4位
貯蓄に占める有価証券保有額の比率 33位
収入に占める生命保険額の比率 47位
収入に占める定期預金額の比率 47位
金融リテラシー 46位
消費者ローン利用者の割合 1位
お金を借りすぎていると感じている人の割合 1位
緊急時に備えた資金を確保している人の割合 47位
男性平均寿命 29位
女性平均寿命 3位
男性健康寿命 2位
女性健康寿命 27位
乳がん死亡率(低いほうが順位が高い) 40位
生涯未婚率 4位
50歳以上の女性肥満率 1位
のんき度 1位
自殺率 25位

収入・貯蓄の低さは以前から明らかではありますが、その原因が金融リテラシーの低さと楽天的な精神によるということが浮かび上がって来ます。

おそらくのんきな性格自体は健康にはずっとプラスで、自殺も少なく長寿命で健康な県だったのだと思いますが、収入・貯蓄の低さが格差拡大で洒落にならないレベルになってきて、長寿は崩壊し、肥満が増加し、ストレスも増加してきているということではないでしょうか。

沖縄での自転車レンタルサービスは、電動アシストでないと難しい

沖縄タイムスで、台湾でレンタル自転車サービスをしている「YouBike」の社長が沖縄展開に関心を示したとの記事が出ています。

台湾発の自転車シェア「ユーバイク」 沖縄展開に関心 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

【台北】台北市や中国泉州でレンタル自転車「ユーバイク」を運営する微笑単車(台北市)の何友仁(ハ・ヨウレン)社長は27日までに沖縄タイムス社のインタビューに応じ、「沖縄がユーバイクを導入すれば、沖縄がさらに住みよい街になる。(沖縄側が希望すれば)協力する」と述べ、沖縄での展開に関心を示した。
うーん、どちらかというと沖縄がYouBikeに関心を示していると言ったほうが正しい気がしますが。。。

私も台湾に2度訪れ、街中にレンタル自転車が置かれているのが目立つのを感じました。交通渋滞の激しい沖縄ですので、きっと需要はあると思います。

 

ただし、沖縄ではそのまま導入しても利用されにくいと思われます。沖縄は平地が狭く、市街地が急な坂道の多い場所まで広がっており、多くの観光スポットやホテルが丘の上にあります。沖縄で自転車を日常の足としたことがある方にはよくわかると思いますが、結局のところ行動範囲が非常に限られてしまいます。

私は4年前に沖縄に来る前には関東地方にいることが多かったのですが、クロスバイク1つあればかなりの範囲を自由に行動できました。週末であれば自転車で千葉県の船橋から埼玉県の越谷まで約28kmの道のりを行くことも決して困難なことではありませんでした。これは「江戸川サイクリングロード」という素晴らしい道が整備されていることが大きな要素ではあるのですが、大前提としてやはり関東平野という広大な平地であるということがあります。

沖縄の宜野湾市へ引っ越してきて、地図を見て「この距離なら自転車で十分だな」と思ってまずは自転車を買ったのですが、とにかく坂道が多くて非常に厳しかった。そこで11万円ほどの電動アシスト自転車を購入して、やっと行動範囲が広がったのです。もしアパートに無料の駐車場が無かったら、今でも電動アシスト自転車を使っていたのではないかと思います。

また、沖縄県民は車移動に慣れすぎて、自転車の運動強度では敬遠するはずです。電動アシスト自転車であれば、快適な移動手段として定着する可能性があります。

南西石油の問題や優遇税制の終了も控えている状況で自転車の活用はとても良いことだとは思いますが、沖縄の特性を考えて初めから電動アシスト自転車を使った仕組みづくりができなければ、とりあえず導入してみて失敗し、二度と検討されることはないという未来が目に見えます。そうしたことにならないように沖縄県などの協力が必要でしょう。

USJにしても南西石油の問題にしても、沖縄側があまりにも非協力的であったことが現状につながったと思います。外から沖縄に関心がある事業者に対して、情報提供や環境整備にもっと積極的にならなければいけないのではないでしょうか?

2016年12月25日日曜日

キレートレモンサワーより本搾りレモンの方がクエン酸が多いかも

レモンサワーに2000mgのクエン酸が含まれるサッポロのキレートレモンサワー。
http://www.sapporobeer.jp/kire-tolemon_sour/

こういった「健康にいいお酒」のような演出は、酒を飲むことへの罪悪感を打ち消すエクスキューズを作って、なかなか購買欲をそそるアプローチとして最近流行していると思います。私も数年前からよく買って飲んでいました。

私は最近、筋肉の疲れが回復しやすくなるかと思ってクエン酸の摂取についてよく考えるのですが、スーパーマーケットで売っているレモン果汁のパッケージを見ると、レモン果汁には15mlあたり980~1100mgほどのクエン酸が含まれているようでした。

近所のサンエーでは、ミツカンのサンキスト レモン果汁500mlが税抜437円で売られていて、これが一番コスパが良いようでした。
http://www3.mizkan.co.jp/sapari/product/group/index.asp?id=04001&sid=04

これを大さじ2杯、30mlほどお酒に入れればクエン酸2000mgになるのでいいかなと思ってカゴに入れてお酒コーナーに向かったのですが、そこでキリンの本搾りレモンが目につきました。

キリン 本搾りチューハイ
http://www.kirin.co.jp/products/rtd/honshibori/product.html

キリンの本搾りチューハイは、果汁とウオッカだけで作られ添加物が一切入っていないという極めてシンプルなお酒ですが、その大きな特徴に、果汁の量が多いということがあります。余計な糖分や甘味料が添加されていないのが好きで、これもよく購入するシリーズです。

本搾りレモンは果汁12%となっており、他のレモンチューハイ系飲料では果汁2~3%程度が多いのと比べるとかなり多くなっています。350ml缶で、42mlのレモン果汁が入っていることになります。

もしこのレモン果汁が市販のものと同程度のクエン酸を含有しているとすれば、2700~3000mgのクエン酸が含まれていることになり、キレートレモンサワーの2000mgを上回るということになります。

また、市販のレモン果汁を42mlとなると先程のサンキストのもので税込39円ほどの計算になります。本搾りレモンはスーパーマーケットやドラッグストア、DSなどで税込108~122円ほどで売られているので、RTDの手軽さを考えればかなりお買い得に映ります。キレートレモンサワーは130~155円ほどすることが多いので、それと比べても割安感があります。

実際にどの程度クエン酸が含まれているのかは正確にはわからないのですが、今のところRTDのチューハイの中では、キレートレモンサワーを買うよりも本搾りレモンの方がいろいろと健康的なのかなと思っています。