Translate

ラベル ペヤング の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル ペヤング の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2014年12月12日金曜日

まるか食品の英断に拍手。twitter投稿者を叩くバカどもは悔い改めろ

前回の投稿に続きペヤング続報に関して。


前回、まるか食品は対応を誤ったということを書いたが、今回、遅きに失したとはいえ私が書いた通りの全面回収、製造設備の改善までの生産ストップの対応を決定したということで、その勇気に拍手を送りたい。これでこそ再びペヤングを安心して美味しく食べられる日が戻ってくる。


そして、この決定を受けて、「まるか食品が潰れたらお前のせいだ」などと、今回のtwitter投稿者を叩く阿呆どもがおり、これは前回も書いた通り、文明の進歩を逆流させて社会の足を引っ張る足手まといのクズどもである。


前回も書いた通り、この回収が原因でまるか食品が潰れるということはあり得ないと考えるのが正しい。もし潰れるとすれば、ペヤングへの消費者の信頼が戻らなかったときである。今回の対応であれば、全く問題はないだろう。


会社がどのように動いているかも知らないくせに勝手にまるか食品が潰れると思い込んで、ペヤングを楽しみにしている我々にとって何の問題もないのに投稿者を非難している頭の悪い@kbtit81 長谷川亮太、 「てめぇのせいでペヤング出回らなくなったんじゃクソが」などと暴言を吐き、しかもそれほどペヤングが好きなくせに市場にまだペヤングがあることにも気がつかない@RayP0711 RayP(レヰ)などを筆頭に、実名を公表しろとかトンチンカンなことを言う@peonypurple ひろりん@低速飛行、ツイッターが原因だと考えていて、どう考えてもまるか食品が原因だと考えている我々一般人の理解を超越した@tyoumiryou2525 調味料@清水亮、ほか@manson89 @sabu_kitajima など、本当に確信犯だから質が悪い。自分は正しいことを言っているという考えで確信を持ってこられるので、絡まれた投稿者にとっては本当に大変な心労になると思う。


バカどものためにも再度強調するが、この度の対応により、まるか食品は潰れないし、再びペヤングは人気を取り戻す。もし今回の発覚がなかったとすればいずれどこかで発覚していただけのことで、投稿者には一切の非はない。そして今回の投稿者を叩く行為は、今後あらゆる場面で社会の自浄作用を阻害する、数兆円単位で迷惑な行為であって、今回投稿者を攻撃した者どもは全日本国民に対して訂正して詫びるべきである。少なくともまるか食品が潰れるとか言っている奴は普通に犯罪行為なので、訂正しなければ逮捕されてもおかしくない。



2014年12月7日日曜日

ペヤングは終わった。もう、やきそば弁当を取り寄せるしかない。のか?

2014年12月2日、twitterでのペヤングのゴキブリ混入画像の投稿から、問題は解決しないまま終わろうとしている。


はっきり言って画像を見て投稿者の背景を考察した限りでは製造工程で混入したとしか考えられない状況(わざわざゴキブリを一生懸命ペヤングに詰めるような行為をすることがどれほど大変か考えてみたら良い)。


まるか食品の対応は、製造工程において混入は考えられないと言い、保健所の指示に従って嫌々ながら同日製造された同じラインの製品だけを回収するというもので、かなり不信感を持たざるを得ない対応。


クリーンルームで作っているわけでもあるまいし、製造過程での混入があり得ないわけがない。それに対して、原因を特定できなくとも、考えられる原因を潰していく、混入の可能性を減らしていくというのが一般的な仕事としての対応のはずだ。


これほど大きな虫が見てすぐわかるほどの大きさで混入していれば、検査工程で見つからないのかという疑問が当然出てくる。だからこそ逆に、メーカー側の説明としては「これこれこういう検査をしていて、こんな大きな虫の混入があれば必ずはねられるので、これが製造過程での混入である可能性はありえません」という説明をしなければいけない。それが出来ない間は、「混入は考えられない」といった軽率な言動は信用を失墜させるに足る。


これほどの状況にある以上、製造工程と検査体制の改善が終わるまでラインを止める、市場にある同工場で製造された全商品を回収するという対応が必要だった。


製造工程と検査体制の改善内容を公開するという手続きがなされなければ、今後ペヤングの購入はあり得ないという消費者が多くて当たり前だ。


また一部にtwitter投稿者を非難している者もいるが、この投稿者を非難する輩は最低最悪の迷惑野郎、インターネット社会における文明の進歩を逆流させる人類の足を引っ張るクズどもだと思う。


この投稿者はせっかくこれからペヤングを食べようと思っていた時に、気持ち悪いゴキブリが現れて心拍数も上がり気持ち悪い状況の中、よく公共のことを考えて投稿という決断をした。結果としてまるか食品の対応という素晴らしい情報を引き出した。


また、実際の実務を考えるのであれば、まるか食品にとっては表に出た大きなクレームの方が賠償責任保険やリコール保険など(加入しているかどうかは知らないが多分していると思う)の適用と製造設備の更新、そのためのファイナンスなども一気に進めることができるはず。


基本的にこういったことに対しては損害は大手メーカーであれば保険対応で行うので、市場にある全製品を回収する、ラインを止めるといったことで突然会社が潰れるといったことは起きないはずなので、メーカーや消費者に迷惑とか、今後ペヤングが食べられなくなるといった理由で投稿者を非難する連中はちょっとよく考えなさいということ。


まるか食品が対応を間違えさえしなければ、ペヤングはまた美味しく食べられる。しかし、ここまでの対応を見ると、かなり疑問を感じざるを得ないという状況。12月11日頃には検査結果が出るらしいので、どう対応するのか注目どころだ。