Translate

ラベル 円安 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 円安 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013年3月10日日曜日

確かに急な円安でやられる企業はある

株価、リーマン直前基準に回復も...日本経済の牽引に不安
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/policy/636780/


株価が急に上がっているのは、昨年まで株式市場自体があまりにも機能していなかったためにあるべき水準よりずっと株価が安かったのが、流動性が上がったことによって再評価されて来ているということが大きく、一部の銘柄を除けば特にバブルに突入という様相とも言えないと自分は見る。


記事に挙げられているファーストリテイリング、ソフトバンクは株価が上がっていっているが、円安で大きく恩恵を受ける企業とは言えず、また基本的にデフレ下で下級財需要を拾って大きくなった会社でもあるため、これまでのような業績の伸びが今後同じ形では期待出来ないかも知れず、これまでも特に安値放置されていた銘柄ではなかったために、これから株価が上がっていくようにはちょっと思えないのだが、恐らく先物主導の中で株価が上がっていってどこかで調整することになるんじゃないか。


円安ということで、一昨年に仕事で行ったニトリの決算説明会を思い出す。ニトリは基本的に輸入・内需型なので円高有利な企業だ。その時はニトリは為替ヘッジを行った後にかなり円高になったために為替差損を計上していて、社長は今後も円高が続くことが考えられるので為替ヘッジを控えるといったことを言っていた。


今回のアベノミクスのようなかなり積極的な金融緩和というのは考えにくかった以上、円安になる要素はなかったので間違った考えとは言えないかとは思うが、同じような考え方をしていた企業では今回の急激な円安にやられてしまったところはあるのではないかと思う。そういったところの株価も上がっていっているようなところがあるので、相場としては一旦大幅な調整が入るのは間違いないのではないか。


【参考記事】
株価どこまで伸びるのか 1万4500円の強気予想も
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/636252/



2013年1月27日日曜日

今年はなんかボラ大きそうだしオプションで稼ぐわ

ダボス会議でアベノミクス黙認がほぼ決まってしまった様相のため、このまま円安圏継続、株高は確定路線になったということで良いかとは思う。円は90~110円くらいへ。株価は徐々に利益確定させながら上昇していき、さらに上を目指す展開になるとは思う。


とは言え今の株式市場の状況は何でもかんでも循環物色で上がっているといった感じで、本来なら円安で逆に打撃を受ける輸入小売業に関わる株や、東南アジアにシフトしている製造業などもどんどん上がっていっている。これは果たしてどうなのか。次の決算かどこかで大きく株価が崩れるように思う。


決算の悪いファナックや、円安がきつくしかもかなり加熱しているファーストリテイリングなど日経平均への寄与度が高い銘柄が崩れれば株式市場全体に大きな影響を与えるので、イケイケで買っていけば儲かるとだけ考えているとやられるかも知れない。


ここ数週間を見ていると全体的にボラティリティは高いままで、しかもコールの価格がやたら高いという変な状態にある。IVが高いためオプション全体に高めではあるのだが、それ以上に個別株のスペシフィックな要因で乱高下しがちな感じがするので(ソフトバンクとかもいろいろ出てくると思う)、やはりオプションの買いは必要。


あとはやっぱり戦争が始まったり富士山が噴火したりすると更にボラティリティが高まったり乱高下すると思われるので、そうなった時には一気に稼げるという状態にしようと思っている。