Translate

ラベル 携帯電話 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 携帯電話 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013年4月6日土曜日

LTEの繋がりやすさと速度ですでに追い抜かれたドコモが今更iPhoneを投入しても

ドコモ、今夏にもiPhone投入へ 劣勢挽回狙う
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/infotech/644062/


DoCoMoのiPhone投入は毎年毎年噂レベルで出てきては新聞で報道されるので、今回も信じられないというところではある。以前は日経にリークされたせいでAppleが怒って破談になったという噂もあったし、今回も可能性は低いとも思われる。


とりあえずそういったことを度外視して、もしドコモがiPhoneを発売したとして、もはや挽回の切り札としてはかなり弱いというのが自分の見方だ。400万台もの販売はまず無理なのではないかとすら思える。


まずスマートフォンの市場占有率でiPhone, iOSがトップだった時期とは全く状況が異なっていて、主流は明らかにAndroidであり、今後もAndroidのシェアが上昇し、iOSのシェアは低下していく流れは明らかだ。既にiPhoneのパワーでキャリアがシェアを獲得するという最も旬のフェーズはとっくに過ぎ去っていると考えていいだろう。


そして、過去であればソフトバンクは電波の繋がりが悪い、通信速度が遅いといった点で、もしドコモがiPhoneを扱えばほとんどがドコモに流れるという状況にあったのは確かだが、ソフトバンクはこの1年で通信網を大きく改善させ、LTEに関してはドコモのXiを抜き去っているため、消費者がドコモに流れる最も大きな理由が今はなくなっている。


今、Appleとしては以前より立場が弱くなってきていることと、欧米でもマルチキャリア展開を進めている状況から見て、ドコモがiPhoneを扱う可能性は無くはないとも言えると思うが、もはや携帯電話のシェアを大きく左右したりドコモの利益率を大きく変えたりするようなビッグニュースにはならなくなっている。


ドコモは、iPhoneに関しては既に失敗し、それはもはや取り返しはつかないのだ。



2013年3月28日木曜日

電車内での携帯通信、もっと完璧に整備してもらいたい

都営地下鉄、全線で携帯通信OKに トンネル内の電波工事完了
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/infotech/641284/


東京メトロ、ほぼ全線で携帯通信OKhttp://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/infotech/640019/


この3月27日で東京の地下鉄はほぼ全て携帯電話の通信が通じるようになったというニュースで、それは非常に喜ばしいことだと思う。シンガポールに住んでいた時に普通に地下鉄で携帯電話が使えたので驚いものだが、よく考えればあれだけ人が集中する場所で使えるようにするのは当たり前のことで、東京にいた頃の地下鉄で携帯電話が使えないという「常識」は思い込みに過ぎなかったことを思い知らされた。


そして、ほぼ全ての地下鉄でOKという記事になっているが、残念ながら取り残されている部分があり、こうなると非常に歯がゆいところになると思うのが、横須賀線・京葉線などJRの地下部分になる(総武線は東京~錦糸町は通じるようになったらしいが、横須賀線の品川~東京は未だ通じていない)。いずれも乗客は地下鉄に劣らず多い区間のはずだ。


つくばエクスプレスは北千住~八潮の地下区間ではauは通じてソフトバンクは通じないという状況だが、一方で以前からフレッツ・スポットとdocomoの公衆無線LANが車内で利用可能になっている。もう少しなのに一つのサービスでカバーできない中途半端な状況がなんとも歯がゆい。


私は最近東京で電車に乗る時は、WiMAXを使うと走行中に電波が途切れて通信が不安定になってしまうのでWiMAXをオフにして3G通信のみを使うようにしている。恐らくLTEはどれも似たような状況かと思うが、こうしたことも勿体無い。


GMとAT&Tのコラボで車両側でLTEを拾って車内をWiFiスポット化するという話があったが、同じような仕組みにすれば技術的にスマートに電車内で安定したデータ通信が行えて良いのではと思う。Wi-Fiスポットの3大キャリア間の相乗りが政治的要素により出来ないのだとは思うが、そういったことを乗り越えて電車内で快適な通信が行えるようにしてもらえないものかと思う。