Translate

ラベル 日本 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 日本 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013年1月2日水曜日

国の発展を願う国民、願わない国民。願わない国民は考えが甘い

天皇陛下「国の発展と国民の幸せを」 皇居で祝賀の儀
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/koushitsu/619005/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130101-00000530-san-soci


国が豊かになり、個人も豊かになる。そしてそれぞれの幸せを手にするために生きる。


個人の幸せのために、この日本という国は大いに役に立ってきたことは疑いない。そして現状に大きな不満を持たない人々が過半を占める状態が続いている。


国民の殆どが不満を持たなくなった1980年台以降、これ以上の発展、開発、経済成長など必要ないのではないかといった考え方が出てくる。自分も小学生から20歳くらいまではほとんどそのような考えだった。


しかしこれが大きな間違いで、「なぜ」自分たちが豊かなのか、「なぜ」働けばたくさんのお金をもらえるのか、「なぜ」質の高いものだったり便利なモノを買ったり使ったりすることが出来るのか。端的に表現すれば、発展した伸びしろが発展に貢献した人間に分配されるからだ。


現状維持では、その分配される元となるものが存在しない。そんな経済状態では、いわゆるワーキングプアが大量発生せざるを得ない。どこから給料が出ているかわかっていないと、経済ゼロ成長がその原因であることに気が付かないだろう。


喩えるならば、封建制度下における元寇などの防衛戦争のようなもので、守ることにも多大なエネルギーが必要だが、かといって褒美にもらえるような土地などの成果がないので骨折り損というわけだ。攻めて奪取するか、新たに土地を開墾するかということをしなければ、いくら働いても豊かには慣れない。


国の発展は国民の幸せの原資だ。まさに天皇陛下の言葉はその因果関係をよく表した言葉であり、日本国民に広く届いてもらいたいと思う。



2012年12月30日日曜日

麻生副総理の安心感

麻生財務相:通貨安にしているわけではない
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MFS7TA6K50XS01.html


正直、自分は安倍氏についてはあまり能力を期待してはいないのだが、経済戦争において麻生氏がしっかりした考え方を持っていて、それ故に力強い発言ができるということであり、非常に安心感がある。


まさに欧米の通貨安政策に対して文句ひとつ言わなかった、というより通貨安競争の状態にあるという認識が欠如していた民主党政権の拙さが顕になっている。


民主党とて国益を軽視したいわけではない。その現れが中韓に対する強硬姿勢でもある。しかし、経済や思想、法律面で侵略を受けているということを十分に認識出来ていなかったし、競争しているという意識が無かったし、中国に対しても外交戦争の最中にあるという認識にも欠けていた。アメリカにしろ欧州にしろその他の国々にしろ、あくまで友好国であるというのは手段であり建前である。実際には文句のつけようのないところで競争し、戦争しているのは当たり前のことだ。


この件について言えば、麻生氏の言っていることはまさに正しいと思う。円安になった原因がインフレターゲットと財政出動にあるとするならば、欧米諸国に文句を言われる筋合いは無い。為替レートは本来あるべき水準に近づいているということになる。



2012年2月24日金曜日

シンガポールから真冬の日本へ帰ってきて

昨年休みがとれなかったこともあり1週間の休みをもらって日本へ帰ってきた。冬服を持っていなかったので金曜日に313@Somersetのユニクロでフリースとブルゾンを購入し、2月18日の土曜日に成田空港へ到着、そこから電車で1時間、自宅のある船橋へと向かう。天気もよく、グリーン車の車内はぽかぽかして気持ち好かった。これならそんなに心配することないなと思った。


船橋の改札口を出た瞬間、恐ろしいほどの冷気が襲ってきてびっくり。想定シナリオの中から、とりあえず近くで防寒具をひと通り買い揃えるというシナリオを発動し、ダイソー船橋店へ直行。ここは6階建てでかなり品揃えも豊富。ここでグローブ、イヤーウォーマー、マフラー、使い捨てカイロを購入し、グローブとイヤーウォーマーをすぐに装備すると防御力も上がり、とりあえず大丈夫になった。



自宅は室温1~2度と冷え切っていて、ガス暖房をとりあえずつけてみるがなかなか室温が上がらず、エアコン併用でやっと追いつく。エアコンが2011年購入の新しいものなのでなんとかなったという感じか。一応+14度目安ということで16度まで上げる。



シンガポールは基本的に年中最高気温は30~33度、最低気温は24~27度くらいという感じであり、湿気が高く、ずっと蒸し暑いと言えるが、最近は昼間の時間帯以外はさほど暑くもなく快適という感じだった。東京の夏との違いは、東京だと近年は最高気温が35度を超えたり、さらにヒートアイランド現象で局所的にさらに熱くなったりといったこともあるが、シンガポールでは台風及びフェーン現象もなく、徹底的な緑化政策もありヒートアイランド現象も抑制されていて、そこまでの気温上昇が無い。



日本には季節があり、衣替えがあって、また季節ごとに美味しい食べ物も変わったりという変化があるということを改めて考えると、そこにある変化と需要のサイクルは日本の文化を本当に多様化していっているのだなあ、ということに思い至る。(それ以外にも北海道から沖縄、亜寒帯から亜熱帯まである地域の幅広さもあるのだろうが、自分は北海道にも沖縄にも行ったことがないので本当の実感としてはまだない。)



それにしても寒い中を歩いて、適当な飲食店に入って食べる温かい食事の美味しいこと!シンガポールでは探せば何でもあるとはいえ、はっきり言って格が違う。これは日本人が長年培ってきた素晴らしいものなのだなあ、と思う。失われた20年などと言うが、その間にも日本人の生活はずっと進化してきているのだ。