Translate

ラベル 買い物 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 買い物 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年6月7日火曜日

激安の中国メーカーCube製タブレットを注文してみた

 沖縄では5月16日ごろから梅雨に入ったようなんですが、今年はどうも雨が少ないような感じです。豪雨が一度あったので水不足ということは起きないと思いますが、なんとなく最近の気候はおかしくなっているみたいですね。

1年前に購入した激安Windowsタブレットが限界


 私が普段外出先で使用しているPCは、ASUSのVivotab 8という8インチタブレットです。

ASUS VivoTab 8 (M81C) - 概要

ASUS VivoTab™ 8 M81C (エイスース ビボタブ エイト エムハチイチシー)は、どこにでも手軽に持ち出せて、手のひらで軽々と操作できる8インチのわずか約330gの薄型・軽量タブレットです。Windows ...
2015年4月に購入し、2.5万円程度でMicrosoft Office 2013 Businessがプリインストールされているというかなり破格のもので、性能的には心許ないながらもコンパクトで一通りのことが可能なのでいつもBluetoothキーボードと一緒に持ち歩いて使用しています。

 しかし最近、大学のゼミで動画チャットや画面共有などを利用した際に余りの重さに辟易して、横で4年前のMacbook Airがサクサクと動いているのを見て、いい加減持ち運び用にももう少しまともなPCを買おうということを考えたのですが、いろいろ考えて結局注文したのが以下のタブレット。

iwork10 Ultimate - ALLDOCUBE Technology Co, Ltd.

iwork10 Ultimate

 また凝りもせず2万円そこそこのタブレットですが、今回はMicrosoft Officeはついていません。ただし、10.1インチ以下のタブレットPCの場合、無料でOffice Onlineが利用できるので最低限のことは可能です。

 そしてつい最近気がついたのですが、実は琉球大学の学生は在学中はOffice365ProPlusが無料で利用できるんですね。こんな重要なことを誰も教えてくれないとはどうなっているんでしょうか。

性能比較


 それはさておき、なんでまたこの激安タブレットに手を出したかというと、性能がけっこう向上するので割と快適性が上がるんじゃないかと判断したということです。もしハズレであっても値段が値段なので仕方なしといった面持ちです。

 ASUS Vivotab 8 から Cube iWork10 Ultimateへの買い替えで簡単にどのくらい変わるか材料を列挙すると、

・画面の大きさ 8インチ 16:10 → 10.1インチ 16:10 (面積 1.59倍)
・画面画素数 1280 x 800 → 1920 x 1200 (画素数 2.25倍)
・精細度 188ppi (pixels per inches) → 224ppi (精細度 1.19倍)
・CPU Atom™ Z3745 (Bay Trail 1.33GHz) → Atom™ X5 Z8300 (Cherry Trail 1.44GHz)
・Intel HD Graphics 第7世代(4EUs) → 第8世代(12EUs)
・メインメモリ 2GB → 4GB
・内蔵ストレージ 32GB → 64GB
・重量 330g → 615g
・カメラ画素数 前後とも2MPで両機種同じ
・VivotabにはGPS内蔵だがiWork10には無し
・32bit Windows OS → 64bit Windows OS
・VivotabはmicroUSB端子(USB2.0)が一つのみ → USB 2.0 + USB 3.0 + HDMI
・バッテリー 6,000mAh → 7,500mAh

 特にメモリが2GB→4GBになるとけっこう変わるんじゃないかなあという感じです。Surface3より全体的に少し劣るながらもメモリ4GB搭載していることで余裕があるかなあ、と思っています。GPSが無いですが、ぶっちゃけ不要ですよね。とりあえず届くのを楽しみに待っているところです。

2014年2月1日土曜日

食品・飲料、大きい方がトクなのかどうか、ちゃんと考えよう

ローソンで販売されている、「北海道バター香るバタピー」という商品がある。内容量の違いで


89グラム 120円
132グラム 180円


の2種類が売られている。PB商品であり値引き等はされていない。


これを見た瞬間におかしいと思える人がどれだけいるだろうか?自分のように瞬間的に怪しいと感じる人間はおそらくほとんどおらず、ここまで言われてみて初めておかしいと思う人すら数割程度だろうとは思う。だからこそ、この2商品はずっとそのままの形で販売されているのだろう。


言われてみればわかると思うが、


89gのほうは100グラム当たり134.8円
132gのほうは100グラム当たり136.3円


と、大きいほうが高いという状態が起きている。これを店頭では大多数の人は、大きいほうが内容量あたりは安くてお買い得なはずだと勝手に思い込んでしまっているという現状があるように思う。


ローソン本部はわかっていてやっているのかどうかは定かではないが、132グラムの大袋が売れるほうが利益率がかなり高いのは間違いないだろう。


これ以外に例えばセブンプレミアムのチューハイ


350ml 118円
500ml 168円


といったものもある。


この場合は定価販売での価格設定の時点でおかしいというレアケースだが、値引き等が絡むと割と頻繁にこの現象が起きてくる。例えばもともと


350ml 108円
500ml 148円


という商品があり、これがセールで一律20円引きになると、


350ml 88円
500ml 128円


となり、内容量あたり価格が逆転したりする。


これに気がついてしまうともう大きい方は一切買う気が起きないのは自分だけかも知れないが、大きい方はトク、というのは思い込みに過ぎないのでケース・バイ・ケースで考える癖をつけたほうが良いのではないかと思う。頭の体操にもなりますよ。たぶん。



2012年3月11日日曜日

Sim Lim Squareで買い物

今日の流れのメモ。
QB Houseで髪を切り、吉野家で牛丼を食い、Sim Lim Squareへ向かうためBugis駅へ行こうかと思い電車に乗るが、途中で考えなおして、せっかくだからCircle Lineに乗ろうと思ってBras Basah駅へ。


Circle Lineというのはつい最近開通して延伸中の地下鉄で、大江戸線のような感じの、地下深くて若干お洒落なデザインの駅が多い路線。環状線にしたいっぽいけど、微妙にまだ繋がっていない。



で、Bras Basahから徒歩8分くらいか、特に目的もなくSim Lim Squareにつく。初めて来たが、シンガポールの秋葉原と言われるだけのことはある。パソコンパーツ、オーディオ、電気部品等のショップが1階から5階まで、200軒くらいだろうか、所狭しと並んでいる。



何がどこにあるかわからんので適当にフラフラ歩いてみるが、まあ素人にはなかなか店舗内に入りにくい雰囲気がある。4階から5階にPCパーツなどを売っている店があるが、秋葉原の店のようにマザーボードとかビデオカードがたくさん陳列してあったりはせず、基本的にはそういうものはプライスリストを見てカウンターで出してもらうようだ。これはちょっといただけない。



で、いろいろ見ているうちにたまたま無線キーボードとかの棚を見たら、18~40ドルくらいで無線キーボード+マウスとかが売っていて、その安さに驚き、その中でけっこうタッチがしっかりした良さ気なものがあったので購入。会社で使うつもり。(個人の経費枠は全部使いきってしまったので自腹)



その後思いつきでノートPCをSSDに換装してやったら快適だろうなと思って何店かのプライスリストを見ると、IntelのSSD 120GBが300ドル弱。データ移行用に外付けキットがないか探していたら、ある店に25ドルでsmart driveのものがあったので、店員にSSDで使えるのか確認して、その店でSSDと一緒に購入。



その後電車に乗ってOrchardへ行き、ダイソーでドライバーとかを買って帰る。今はデータ移行の作業中。そんな一日でした。Sim Lim Squareはけっこう楽しい。




2012年2月26日日曜日

今週日本で買ったものメモ

せっかく日本にいるということでいろいろ買い物をした。日本でしか買えないものというのは多いし、もしかしたらシンガポールでも買えたものもあるかもしれないが、やはり東京ならではの買い物のしやすさというのはあると思う。


1.シチズンのソーラー時計(ビックカメラ)

たぶんシンガポールでも売っているのだが。結局シンガポールで時計売り場を見ても買いたいのはSEIKOかCITIZENで、なら日本で買ったほうが、っていう感じ。サポート自体はSEIKOもCITIZENもシンガポールの拠点でやってくれる。ちなみにシンガポールでは電波時計の電波が発信されていないため電波時計は無意味。



2.靴(東京靴流通センター)

日本でしか買えないであろう高性能シューズを2つ。1つはトーニングシューズのCEDER CREST Duo Motions。ウォーキング時の脚部の筋運動量をアップさせる。もうひとつはBIO-fitterで、軽量、衝撃吸収、防水に優れて形も履きやすい。ただしデザインはあまりイケてない。



3.au IS03用大容量バッテリー(モバイルプラザ)

MUGEN POWERシリーズの大容量バッテリーで、標準1020mAhに対して2800mAhの大容量。しかしIS03はシンガポールでは使えないので果たして買う必要があったのかという疑問もありつつ、しかしものすごく快適。IS03の弱点ははっきり言ってバッテリーだけだったので、かなり素晴らしい。これについてはまた後日。



4.VOCALOID3 + メグッポイド(Whisper) (ソフマップ)

初音ミクは持っているのでVOCALOID3だけ買おうと思ったのだが、抱合せしか売っていなかった。まあいいや。



5.Sandisk microSDカード Class4 32GB (浜田電機)

2,670円くらいだったと思う。Motorola Atrix用に買ったのだが、動くかどうかわからなかったけど、店員の人がインターネットで32GBは対応しているっぽいのを確認した上で、この店は相性保証つきなのでその場で差して動作確認。普通に動いたのでよかったよかった。



6.abrAsus 薄い財布(日本橋高島屋)

前から気になっていたやつ。店頭でじっくり確認することができたので、納得して購入。ちょっと慣れはいるが、1万円札と100シンガポールドル札はほぼ同じサイズで、ぎりぎり収まる。シンガポールでは上着を着ないことが殆どなので、ズボンのポケットに財布を突っ込むことになるが、小さめで圧倒的に薄いこの財布は最適かと思う。横にあった小さい財布も気になったが、基本的に扱いづらそうだなと思ったのでこちらにした。



7.HIROAN 名刺入れ(日本橋高島屋)

abrAsusの名刺入れも見てみたかったのでないかなーと思ったのだけど、見当たらず。しかし店員が出して来た中で非常に薄くて見た目も良かったので購入。10枚くらいは入る。仕事の急なときにワイシャツの胸ポケットに突っ込んでも違和感ないだろう。けっこうお気に入りになりそう。



こんなもんかしら。あと本2冊買った。