Translate

ラベル 韓国 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 韓国 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013年2月27日水曜日

竹島問題に年間10時間もかける不可解な韓国の教育

韓国、年間10時間の「竹島」授業指示
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/633541/


領土問題自体は重要なこととは言え、学校教育の中で年間10時間、9年間であれば90時間ということになるだろうが、明らかに異常だ。韓国の歴史としては竹島に関してはそもそも1952年以降にしか存在しないはずでもあり、それ以前の歴史からそんなに時間をかけて細かく紐解いていくならば、竹島は日本の領土であることを認識していてもおかしくない。そうなっていないということは、嘘を教えているのだろう。


韓国は国語と歴史の教科書が国定教科書ということもあり、またほんの十数年前までかなり長期にわたって軍事独裁政権であったということもあって妙な思想教育がこびりついている。日本も軍隊の専横政治が行われ、思想教育がされていた時期があったとはいえ、それは10年程度の期間に過ぎない。韓国の教育は第二次大戦後長きにわたって民主国家で無かったことで歪んでしまっただということだろうか。


このようなことに時間をかけるのならば、世界史をきちんと教えるなり、漢字教育をするなりもっとしなければならないことがいくらでもあるのではないだろうか。



2013年1月3日木曜日

徴兵制という前時代的制度の元で妬みの感情から他人を晒しあげる韓国

兵役中にキム・テヒさんとデートのRainさん規律違反
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/619260/


韓国は、世界で数少ない良心的兵役拒否が認められない国の一つである。兵役拒否で懲役刑が実際に適用される状況で、先進国に近い国としてはかなり珍しいかと思う。


確かに曲がりなりにも北朝鮮と交戦中であるという事情はあるのだが、どうも妬みの感情がこうした結果に結びつくような社会状況にあるのではないかと感じるのは穿った見方だろうか?


韓国では近年、富裕層や権力者の子女、芸能人などが身体検査などの結果を操作したり学業やスポーツの業績を作ったりして兵役を回避するといった流れに反発して、兵役の免除がなかなか行われにくくなっている。虚弱体質や軽度の身体障害などがあっても兵役が適用されるような状況だという。


今回のRainであれば、制度がまともに出来ていれば、世界的に韓国の文化を広める著名なアーティストであるわけだから兵役などに就かせるのは本来韓国にとって損失という判断もあり得るはずだが、韓国の世論は、自分たちは兵役に就いて苦労したのだから免除させるなど許し難いという感情があり、司法すらもそのように「何人たりとも兵役逃れまかりならん」という空気で動いている面があるように見える。


軍組織から見ると、Rainのような有名人まで兵役に就いているということをアピールできるというメリットがあるためRainを歓迎し感謝してもいて、当然そのためにやや特別な待遇をとってもいるわけで、抗議があったからといってもし単純にこれを認めなくなればさらに有名人の兵役逃れは進み、韓国民同士の足の引っ張り合いになるだろう。