Translate

ラベル 食事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル 食事 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2015年11月1日日曜日

意識的に食事の回数を減らしてみて思った「食事中毒」という感覚

多くの人が食事をとっている理由の大半が、栄養摂取や補給のためではなく、タバコなどと同様の中毒性や習慣性によるものではないかと最近思っています。

何年もずっと胃腸がすっきりしない感覚が続いていて、アトピーとの関連も気になり出してきていました。日頃から足ツボやらいろいろなマッサージ、体操、蒸しタオルなどやってみていたのですが、特に調子が悪い時は1~2日食事を抜いたりしてもいました。

そんな中で、10月11日、12日と食事を抜いて、プチ断食とかのことをネットで検索しているうちに、いろいろな情報が頭のなかに入ってきました。食事と食事の間隔を18時間程度空けないと胃腸が休まる時間がないとか、福山雅治やタモリ、Gackt、ビートたけしなど1日1食しか食べない人がけっこう多いこと、腸の「炎症」がアレルゲンを体内に入れる原因になっていることなど、様々な認識ができました。

そして、今の私の認識で以前と大きく変わっている部分が、
・1日3食は明らかに多すぎる
・1~2日に1食以上食べていれば、特に問題はない
・たまに2~3日食べなくても何の問題もない
・少食からくるカロリー不足を心配する必要は基本的にはない
いうことです。

科学者や専門家ではないので実際にどうなのかを確かめてはいないのですが、割と確信に近いです。じゃあ食べたくなっても我慢して食事を減らすのかというと、そういう感覚ではないです。何と言えば伝わりやすいのかわかりませんが、我々のほとんどが食事を頻繁にとるのは、「空腹への恐怖感」からではないかという感じです。

本当は我々の本能は空腹を感じてから食事を探し始めて、しばらくしてから食事にありつけば充分のはずです。なのに我々のほとんどは空腹を感じる前に食事をすることが多い。そして、空腹を感じたらすぐに食べないといけないという感覚に陥ってしまう。

例えば午後1時から4時までミーティングが入っているとすると、多くの人が、ミーティングの最中にお腹がすいてしまうので1時までにランチを食べなければいけないと考えてしまうと思います。そういう発想、思い込みは全く必要ないということがわかるわけです。お腹がすいていれば食べればいいし、すいていなければ食べないで行けばいいだけです。

こういう感覚になるといろいろなことが自由になります。タバコを吸う習慣がある人や、かつてタバコを吸う習慣があった人はわかると思いますが、タバコ中毒になると行動や持ち物などいろいろなことがタバコに縛られます。金銭的な負担もあります。殆どの人が陥っている「食事中毒」も同様なのではないかと思うわけです。この「中毒」から開放されれば、かなり自由です。

小さい話をすれば、たとえばランチで2,000円のステーキを食べるのは庶民としては少々高いと思うでしょうが(ましてや所得水準の低い沖縄では特にそうでしょう)、1~2日に1食しか食べないでいいわけですから、1~2日分の食費が2,000円と考えれば痛手ではありません。食べる頻度が少ないことが、逆に自由に好きなものを食べることにも繋がります。

もちろん食費をとことん減らす方に振ることもできますし、今まで固定費として考えていた部分が実は変動費だったということになりますから、人生全体に対しての恐怖感が少なくなります。

大きい話で言うと、例えばシーレーンが封鎖されて食料が輸入できなくなったとしても、日本全体として、飢えて苦しむという状況は恐らく生まれないだろうという楽観的な見方をするようになりました。穀物を大量に使って生産される牛肉や豚肉はなかなか食べられなくなるかも知れませんが、食料が半分になったとしても、日本人全員、普通に健康に生きていけると思います。(沖縄に関してはやや苦しいとは思いますが、ソテツ地獄の再来とまではならないと思います)

私はタバコの習慣をやめてから4年が経ち、もう禁断症状はほぼ無いですが、食事中毒の禁断症状はしばらく続くでしょう。果たして抜け出すことができるかどうか。



2013年3月7日木曜日

那覇のジャンボステーキHAN'S 1000円ランチのコスパが高い

那覇に4~5店くらいあるHAN'Sというステーキ屋さんでふらっと入って1,000円のランチを食べたのだが、かなり意外なほど良かったので忘れないように書いておく。


225gのステーキのセットを選んだのだが、セットの内容はサラダ・スープ・ライスorパン・ステーキ・コーヒーor紅茶という内容となっている。このステーキが、この値段と大きさの割に美味しかったので、結果的に1,000円のランチ、食後のドリンク付きということを考えるとかなりのお得感があった。


ここは450gのステーキがウリの一つらしいが、小食な自分は225gくらいで限界、大満足。


那覇には1000円~1300円くらいのステーキは他にもあるが、この量と味、しかも飲み物付きというのはちょっと探した限りでは無いんじゃないかと思う。またいいところを見つけたら記していこう。