Translate

ラベル AKB48 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル AKB48 の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年4月18日月曜日

SKE48は離職率が高いというのは本当か?その2

前回、SKE48の離職率を計算してみました。

SKE48は離職率が高いというのは本当か?その1

今回はAKB48, NMB48, HKT48についても同様に計算して比較してみようと思います。

AKBの離職率を計算してみる


AKBについてはいろいろと扱いがややこしい要素があるので、異論があるかも知れませんが、私が妥当と思う方法で計算してみました。

SKEの場合と同様に計算しますが、細かい部分は以下のように扱います。

・江口愛実は架空の人物のため一切の計算に算入しない

・大人AKB、バイトAKBについては期間限定のため一切の計算に算入しない

・野澤玲奈、高城亜樹についてはJKT48から完全移籍となった時点で分母に算入する

・宮澤佐江のSNH48との兼任期間は一切算入しない

・チーム8は算入する

これがAKB48の離職率の推移だ!


・2006年 29.62%(20人中1人脱退、加入年内脱退6人)

・2007年 21.82%(49人中6人脱退、加入年内脱退6人)

・2008年 13.04%(67人中7人脱退、加入年内脱退2人)

・2009年 39.47%(61人中15人脱退、加入年内脱退15人)

・2010年 17.57%(70人中9人脱退、加入年内脱退4人)

・2011年 6.94%(72人中5人脱退)

・2012年 14.13%(93人中13人脱退)

・2013年 12.66%(79人中10人脱退)

・2014年 8.75%(79人中6人脱退、加入年内脱退1人)

・2015年 9.52%(126人中12人脱退)

意外と離職率が高いようにも見えないでしょうか?

営業的に苦しかった初期のAKB


今となってはミリオンセラーが当たり前のAKBですが、意外かもしれませんが2006年のメジャーデビューシングル「会いたかった」が5万枚のヒットとなって以降、2008年の「桜の花びらたち2008」までの7枚のシングルは2~3万枚程度のセールスに留まっていました。

2008年10月の「大声ダイヤモンド」以降、徐々にセールスを伸ばし始め、2010年に「ポニーテールとシュシュ」「ヘビーローテーション」で大ブレイクします。

それまでのAKBというのは、今のように絶対的な存在ではなく、いつ解散になってもおかしくないという存在だったわけです。おそらくは給料や経費の面でもけっこう苦しかったと思います。

メンバーは給料も少ないのにアルバイトもできず、しかも恋愛禁止、そして当時は今よりもイロモノとして世の中から見られていて経歴として今ほど魅力的でもなかったとなると、家庭の事情や学業、就職活動といった部分が優先されてもある意味当たり前だったと思います。

そんな中での離職率であるということも考えて数字を見なければいけないでしょう。

NMB48とHKT48の離職率も計算してみた


両グループともそんなにややこしいことはないのですが、少々悩んだのがNMB48の城恵理子の扱いです。一度脱退していますが、再加入しているため、離職にカウントしないことも考えたのですが、1年以上のブランクになることを考え、離職にカウントすることにしました。

NMB48の離職率


・2011年 4.00%(25人中1人脱退)

・2012年 29.41%(47人中11人脱退、加入年内脱退4人)

・2013年 11.27%(71人中8人脱退)

・2014年 15.63%(64人中10人脱退)

・2015年 14.75%(61人中9人脱退)

低いとは言い切れないような数字ですね。

HKT48の離職率


・2012年 23.81%(21人中5人脱退)

・2013年 0.00%

・2014年 2.08%(48人中1人脱退)

・2015年 6.52%(46人中3人脱退)

こちらはけっこう離職が少ないように見えます。

AKBグループの離職率推移をまとめてみた


前回の分と合わせて表にしてみるとこんな感じです。

離職率AKB48SKE48NMB48HKT48乃木坂46
1年目0.00%4.55%3.85%0.00%5.56%
2年目29.62%48.15%4.00%23.81%2.94%
3年目21.82%6.67%29.41%0.00%9.09%
4年目13.04%5.17%11.27%2.08%13.64%
5年目39.47%8.82%15.63%6.52%2.63%
6年目17.57%24.62%14.75%
7年目6.94%27.27%
8年目14.13%20.00%
9年目12.66%
10年目8.75%
11年目9.52%

とりあえずグラフにしてみましょう。


こうして見るとHKT48と乃木坂46は今のところ離職率が低そうですが、AKB48、SKE48、NMB48の3グループについてはどこが飛び抜けて離職率が高いということはなさそうです。

SKE48の卒業が多いイメージは、主力が抜けて明らかに戦力がダウンしたような印象が強いだけなのではないでしょうか?もしくは逆にAKB48やNMB48は、あまり表に出ないまま人知れず卒業しているメンバーが多いと言えるのかも知れません。

2014年10月11日土曜日

渡辺麻友の裏アカ流出暴言連発はノーダメージ、今後のロールモデルは中川翔子で行くべき

【速報】AKB渡辺麻友のインスタグラムが流出!「羽生結弦とマネージャーの許可を得て付き合っている」、「宮脇咲良と兒玉遥は整形モンスター」
http://netgeek.biz/archives/23275


なんか大騒ぎになっていて、わざわざ火消しが動きにくくて拡散しやすい連休入り口を狙って流出させたみたいな話になっているんですが、、事実上全くのノーダメージだが世間が食いつきそう、という内容になっている感じがします。


ファンであれば、まゆゆはもともとこういうキャラで、ソロデビュー以降の王道アイドルキャラのために封印しているというのはわかっているので、しかもこの流出でほぼ異性との交際がないことがより確実になっているため、コアな部分のファンが離れることはないと思います。


こういった、ファンにとってはマイルドな内容、しかしよく知らない人にはスキャンダラスな内容に見えるものなので、これは乃木坂46のスキャンダルを誤魔化すための目眩ましではないかという説が出てきたりしているのでしょう。この説については根拠が薄弱すぎるのであまり考慮するに値しないとは思いますが。


これを機会にこういうキャラとしての部分を前面に出していくことが可能であれば、むしろ指原莉乃や松井玲奈などに移動した昔のファンが戻ってくる可能性すらあるのでは。ただし、この路線で行く場合は中国からの票が激減すると考えられるので、もともとの人気が指原莉乃や柏木由紀ほどではないまゆゆは、総選挙の連覇は難しくなってくるとは思います。とはいえ前回の総選挙1位で実績は十分、あとはどうタレント力をつけて仕事につなげるかなので、松井玲奈がガチオタ系枠を取ってしまったので、指原莉乃の本音ぶっちゃけ型暴言キャラと松井玲奈のオタクキャラを組み合わせたようなところに落ち着ければしばらく安泰なのかなと。


そう考えると、渡辺麻友のロールモデルは、現在人気急降下中の中川翔子で、ちょうどその枠に取って代わるべく進路を取っていけば、タレントとしても歌手としても一定の位置を築けるように思います。今の渡辺麻友の知名度の高さであれば可能でしょう。


渡辺麻友さんには、坊主のカツラでもかぶってYoutubeで一人謝罪コントでもしてワイドショーで炎上することをお奨めしたいですね。タレントとして飛躍のチャンスです。



2014年5月27日火曜日

AKBメンバーを標的とした傷害事件、商業的ダメージは他の泡沫アイドルにこそ

2014年5月25日午後5時頃に岩手県滝沢市でのイベント中に起こった、AKB48の川栄李奈さんと入山杏奈さん等3名が負傷した傷害事件。


この事件により、AKB48のビジネスモデルが大いに揺らぐなどといった話も取り沙汰されているが、実際のところはAKB48以外のアイドルグループにこそ非常に影響が大きい出来事となるだろうと思う。


AKB48グループでは直近の数々のイベントが中止・延期となったが、劇場公演はその翌日である本日も、金属探知機などのセキュリティ強化を行い強行している。恐らく握手会など各種イベントにおいても万全の体制をとって再度行っていくだろう。


しかしこれは動員数の大きいAKB48グループだから採れる策でもあり、他のグループでは予算面などでより厳しい状況に置かれるはずだ。


AKB48・SKE48・NMB48・乃木坂46・HKT48 の各グループはそれぞれシングル売上枚数が50万枚クラス以上であるのに対して、モーニング娘やE-girls、ももいろクローバーZといった人気グループですら20万枚以下という圧倒的な格差がある。


Juice=Juice、SUPER☆GiRLS、SCANDALなど中堅どころですら厳しいだろうし、Rev. from DVL やLinQなどのロコドルや、未だ売れていないグループに至っては打つ手はあるのかという状況だろう。


アイドルになりたいという若者にとって入口がかなり狭まり、アイドル界としてはとてつもなく将来に禍根を残す出来事になると思う。


しかし、打つ手がないわけではないはずだ。ここで行うべきはセキュリティ面のスケールメリットを求めることなのだから、中堅以下アイドルグループが合同でセキュリティ体制をとれるような、合同会場、合同イベントのような手を組む体制をとることができればある程度対応可能かと思われるが、果たしてこのアイドル戦国時代、それぞれの大名はそういった策を採れるだろうか。



2014年5月21日水曜日

AKB48選抜総選挙の速報前なので金融に詳しい俺が予想

割と当たってたら褒めてくれ。


1位 指原莉乃
2位 渡辺麻友


たぶんここまで鉄板。


3位 柏木由紀
4位 山本彩
5位 松井玲奈
6位 松井珠理奈
7位 宮澤佐江
8位 島崎遥香


ここまでの6人で混戦。渡辺美優紀からNMB箱推し票が山本彩に流れる分があると予想。


9位 高橋みなみ
10位 須田亜香里
11位 横山由依
12位 小嶋陽菜


ここまで4人混戦。


13位 川栄李奈
14位 宮脇咲良
15位 松村香織
16位 北原里英


ここまで4人と、渡辺美優紀、柴田阿弥、峯岸みなみ、梅田彩佳、木崎ゆりあ、高城亜樹、高柳明音、生駒里奈までの8人、合わせて12人が選抜争い圏内かと。サプライズがあるとすれば藤江れいなくらいだろうか?山田菜々、古川愛李、兒玉遥あたりはいいところまで行くとしても16位には届かなそう。


巷の予想では勢いのある小嶋真子や岡田奈々の名前が上がっているが、ここまで上位には来ないと思う。生駒里奈の神7入りなども言われているが、乃木坂46のファンとAKBのファンも実は重なっている部分が多いこともあり、12位以内には入れないと思う。


 



2013年1月17日木曜日

SKE48の卒業発表、決して「異例」ではなくこれからのスタンダードではないか

SKE48は今回、8人同時発表、9人同時卒業と異例の大量卒業ということになり、ファンの間では大変な大騒ぎになっているようだ。9人出演の旅立ちソングのPV制作まで完了していることからわかるように、かなり前から決定していたが発表を延ばしていたということになる。6期研究生オーディションでの大量合格もこれを見越した上でのことだとの憶測すらある。


発表がこの時期まで延びた理由としては、前田敦子の卒業発表が控えていたこと、指原莉乃の移籍に関わる一連の出来事があったこと、NMB48での様々な理由による脱退が相次いだこと(これは最終的に12名にものぼった)、年末に近くなるとSKE48専用劇場オープンや紅白歌合戦出場などの出来事を控えていたことなどでうまいタイミングが掴めなかったためということのようだ。


ただ、現状のように300名にも及ぶグループともなれば毎年のように大量の卒業、脱退者を出さなくてはならないわけで、これからはこのような同時発表が常態化するのではないかとも考えられる。恒例となっている総選挙、じゃんけん選抜、紅白など年末の各種イベントの進行中は卒業発表がしにくいことを考えると1月発表、3月卒業というのは良いタイミングなのではないかと思う。


参照記事


SKE9人卒業、秋元氏が"旅立ちソング"用意
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/622421/



2013年1月15日火曜日

2chスレッド消費数で見るAKB48メンバー人気ランキング

思いつきですが真実の一端を突くのではないかと思い、とりあえず作ってみます。スレッド数が少なくなるとデータとして無意味な感じになってくるのでとりあえず上位200位まで。


まず当然のこととして加入が早い、加入期間が長いほど上位に来やすいです。そしてスキャンダルや移籍など大きな話題があるとやはりスレッドの消費が激しいという結果だとは思いますが、それもそれだけ注目度が高いということで。


乃木坂46がAKBと比べるとどの程度の話題性があるのかといったスケール感も見えてくるのではないかという気がして面白いと思います。


1. HKT48 指原莉乃 2885
2. 元AKB48 前田敦子 1646
3. SKE48 松井珠理奈 1415
4. AKB48 大島優子 1397
5. AKB48 柏木由紀 1054
6. AKB48 小嶋陽菜 771
7. AKB48 渡辺麻友 688
8. AKB48 高橋みなみ 684
9. AKB48/SKE48 北原里英 618
10. SKE48 松井玲奈 613
11. AKB48 篠田麻里子 536
12. SNH48 宮澤佐江 385
13. JKT48 高城亜樹 349
14. AKB48/NMB48 横山由依 335
15. AKB48 秋元才加 331
16. AKB48 板野友美 326
17. AKB48 河西智美 297
18. 元AKB48 増田有華 277
19. AKB48 宮崎美穂 262
20. SKE48 須田亜香里 260
21. AKB48 石田晴香 253
22. SKE48 大矢真那 247
23. JKT48 仲川遥香 239
24. AKB48 倉持明日香 212
25. AKB48 峯岸みなみ 208
26. AKB48 梅田彩佳 202
27. HKT48 多田愛佳 201
28. AKB48 石田晴香 191
29. 元AKB48 大島麻衣 188
30. AKB48 小森美果 187
31. NMB48/AKB48 渡辺美優紀 162
32. SKE48 秦佐和子 161
33. 元AKB48 小野恵令奈 156
34. AKB48 佐藤亜美菜 151
35. AKB48 島崎遥香 144
36. 元AKB48 平嶋夏海 141
37. AKB48 仲谷明香 136
38. AKB48 片山陽加 133
39. SKE48 向田茉夏 121
40. SKE48 矢神久美 114
41. SKE48 高柳明音 109
42. AKB48 仁藤萌乃 107
43. NMB48 山本彩 106
44. AKB48 佐藤すみれ 104
45. AKB48 中田ちさと 103
46. AKB48 大家志津香 101
47. AKB48 菊地あやか 100
48. AKB48 市川美織 96
48. 元AKB48 佐藤由加理 96
50. SKE48 木崎ゆりあ 91
50. AKB48 山内鈴蘭 91
52. AKB48 前田亜美 89
53. AKB48 藤江れいな 86
54. AKB48 小林香菜 78
55. 元SDN48 大堀恵 76
56. AKB48 永尾まりや 70
56. AKB48 松原夏海 70
56. 渡り廊下走り隊7 浦野一美 70
59. SKE48 古川愛李 68
60. SKE48研究生 松村香織 67
61. SKE48 小木曽汐莉 62
62. 元AKB48 中西里菜 57
63. AKB48 松井咲子 56
63. AKB48 大場美奈 56
65. AKB48 内田眞由美 52.1
66. AKB48 野中美郷 51
67. AKB48 岩佐美咲 44
68. 元AKB48 奥真奈美 41
69. NMB48 近藤里奈 40
69. AKB48 島田晴香 40
69. AKB48 田名部生来 40
69. 元SKE48 小野晴香 40.5
73. NMB48 近藤里奈 39
73. AKB48 入山杏奈 39
75. SKE48 松本梨奈 38
75. AKB48 岩田華怜 38
77. 元AKB48 佐藤夏希 36
78. NMB48 木下百花 35
79. SKE48 木本花音 34
79. AKB48 中塚智実 34.1
81. SKE48 平松可奈子 32
81. 元AKB48 光宗薫 32
83. 元SDN48 小原春香 31
83. SKE48 木下有希子 31
83. SKE48 桑原みずき 31.5
86. NMB48 山田菜々 30
86. SKE48 金子栞 30
86. NMB48 吉田朱里 30
89. SNH48 鈴木まりや 29
90. 乃木坂46 生駒里奈 27
90. AKB48 竹内美宥 27
92. AKB48 川栄李奈 26
92. SKE48 高田志織 26
92. NMB48 岸野里香 26
92. AKB48 近藤里奈 26
96. 乃木坂46 橋本奈々未 24
96. NMB48 木下春奈 24
96. SKE48 鬼頭桃菜 24
96. AKB48 中村麻里子 24
100. NMB48 白間美瑠 23
100. SKE48/AKB48 石田安奈 23
102. NMB48 小笠原茉由 22
102. AKB48 田野優花 22
102. SKE48 中西優香 22
102. SKE48 出口陽 22
106. HKT48 森保まどか 21
106. NMB48 福本愛菜 21
106. AKB48 仲俣汐里 21
109. SKE48 阿比留李帆 20
109. 乃木坂46 白石麻衣 20
109. SKE48 矢方美紀 20
112. 乃木坂46 松村沙友理 19
112. SKE48 小林亜実 19
112. AKB48 高橋朱里 19
115. HKT48 宮脇咲良 18
115. SKE48 平田璃香子 18
117. SKE48 佐藤実絵子 17
117. AKB48 小林茉里奈 17
117. SKE48 菅なな子 17
117. NMB48 上西恵 17
117. AKB48 鈴木紫帆里 17
117. AKB48 名取稚菜 17
117. SKE48 梅本まどか 17
117. 元NMB48 城恵理子 17
117. AKB48 阿部マリア 17
126. 乃木坂46 生田絵梨花 16
126. 乃木坂46 西野七瀬 16
126. NMB48/AKB48 小谷里歩 16
126. AKB48 武藤十夢 16
130. AKB48 小嶋菜月 15
130. SKE48 柴田阿弥 15
130. AKB48 佐々木優佳里 15
130. SKE48 加藤るみ 15
130. AKB48 藤田奈那 15
135. AKB48 平田梨奈 14
135. AKB48 加藤玲奈 14
135. SKE48 後藤理沙子 14
135. SKE48 加藤智子 14
139. SKE48 新土居沙也加 13
139. AKB48 大森美優 13
139. AKB48 森川彩香 13
139. AKB48 伊豆田莉奈 13
143. NMB48 山口夕輝 12
143. 乃木坂46 齋藤飛鳥 12
143. HKT48 村重杏奈 12
143. SKE48 佐藤聖羅 12
143. NMB48 矢倉楓子 12
143. NMB48 篠原栞那 12
143. SKE48 斉藤真木子 12.5
150. 乃木坂46 桜井玲香 11
150. HKT48 下野由貴 11
150. NMB48 村上文香 11
150. NMB48 谷川愛梨 11
150. HKT48 若田部遥 11
150. NMB48 肥川彩愛 11
150. NMB48 門脇佳奈子 11.1
157. SKE48 上野圭澄 10
157. NMB48 島田玲奈 10
157. NMB48 小柳有沙 10
157. NMB48 與儀ケイラ 10.1
161. 乃木坂46 星野みなみ 9
161. NMB48 村瀬紗英 9
161. HKT48 兒玉遥 9
161. SKE48 原望奈美 9
165. HKT48 中西智代梨 8
165. HKT48 松岡菜摘 8
165. 乃木坂46 井上小百合 8
165. HKT48 本村碧唯 8
169. 乃木坂46 中元日芽香 7
169. 乃木坂46 中田花奈 7
169. AKB48 篠崎彩奈 7
169. AKB48 大島涼花 7
169. 乃木坂46 高山一実 7
169. NMB48 山岸奈津美 7
169. 乃木坂46 深川麻衣 7
169. 乃木坂46 市來玲奈 7
169. NMB48 川上礼奈 7.1
178. AKB48 小嶋真子 6
178. 乃木坂46 畠中清羅 6
178. HKT48 穴井千尋 6
178. NMB48 藪下柊 6
178. NMB48 三田麻央 6
178. AKB48 村山彩希 6.1
184. AKB48研究生 岩立沙穂 5
184. 乃木坂46 伊藤万理華 5
184. HKT48 朝長美桜 5
184. 乃木坂46 衛藤美彩 5
184. AKB48研究生 相笠萌 5
184. NMB48 高野祐衣 5
184. 乃木坂46 若月佑美 5
184. 乃木坂46 斉藤優里 5
184. SKE48 山下ゆかり 5
184. SKE48 水埜帆乃香 5
184. NMB48 山本ひとみ 5
195. NMB48 久代梨奈 4
195. AKB48研究生 岡田彩花 4
195. HKT48 熊沢世莉奈 4
195. 乃木坂46 伊藤寧々 4
195. 乃木坂46 能條愛未 4
195. 乃木坂46 永島聖羅 4
195. 乃木坂46 柏幸奈 4
195. SKE48 古畑奈和 4.2


関連ニュース


乃木坂・白石、ハタチの誓い「一人ラーメン」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/621829/


「AKB48」下積み時代 アイドルへの原点...20タイトルを発売
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/music/621644/



2012年12月31日月曜日

先に言っておこう。ポスト高橋みなみは宮澤佐江だと思う。

正直、今のところAKBファンでもないので見当違いのことを言っているかも知れないのはご容赦いただきたい。だがいまのところこう思っているので、後からその通りになったら悔しいので書いておく。


AKBグループが今後もずっとビジネスを続け、さらに強化していくつもりであれば、核となる高橋みなみの役割を分担させたり、後継者を作る必要がある。今、実際にそれを体現している一人がHKT48の指原莉乃と言える。


それだけの話しであれば単純に高城亜樹や、今後出来るであろうTPE48, BKK48などへ出向するかも知れない人たちも同様の役割をし、総監督に繋がる中間管理職が増えていくという話でしかないのだが、SNH48の宮澤佐江についてはかなり役割が拡大する可能性があり、また、彼女はそれに耐えうる人材である可能性がある。


AKB48が当初20名、テレビにもほとんど出られない地下アイドルからスタートし、7年で日本国内で4グループ300名ほどまで拡大している。SNH48はその海外支店で30名程度からスタートするという位置づけになっている。


しかし他の海外支店と違うのは、3~5年後を見た場合、このSNH48が中国国内での「本店」になる可能性が高いと思えることだ。数年で中国各地に姉妹グループが出来ることは考えられることだし、中国は日本よりも莫大な人口と面積を抱える国である。5年後には中国で500~2000名程度の組織になっていることもあり得る。


その場合、まとめ役になるのは宮澤佐江である可能性が高く、そうなると高橋みなみと並び、また超えるほどの「総監督」となっているのではないだろうか。


参考記事


夢は中国スター!SNH48へ移籍の佐江「女優でも活躍したい」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/589470/


宮澤佐江ラスト公演に優子涙「これからも"心友"」
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/601387/


上海版AKBに応募殺到 3万8千人超
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/588707/