Translate

ラベル iPhone の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル iPhone の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2013年4月6日土曜日

LTEの繋がりやすさと速度ですでに追い抜かれたドコモが今更iPhoneを投入しても

ドコモ、今夏にもiPhone投入へ 劣勢挽回狙う
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/infotech/644062/


DoCoMoのiPhone投入は毎年毎年噂レベルで出てきては新聞で報道されるので、今回も信じられないというところではある。以前は日経にリークされたせいでAppleが怒って破談になったという噂もあったし、今回も可能性は低いとも思われる。


とりあえずそういったことを度外視して、もしドコモがiPhoneを発売したとして、もはや挽回の切り札としてはかなり弱いというのが自分の見方だ。400万台もの販売はまず無理なのではないかとすら思える。


まずスマートフォンの市場占有率でiPhone, iOSがトップだった時期とは全く状況が異なっていて、主流は明らかにAndroidであり、今後もAndroidのシェアが上昇し、iOSのシェアは低下していく流れは明らかだ。既にiPhoneのパワーでキャリアがシェアを獲得するという最も旬のフェーズはとっくに過ぎ去っていると考えていいだろう。


そして、過去であればソフトバンクは電波の繋がりが悪い、通信速度が遅いといった点で、もしドコモがiPhoneを扱えばほとんどがドコモに流れるという状況にあったのは確かだが、ソフトバンクはこの1年で通信網を大きく改善させ、LTEに関してはドコモのXiを抜き去っているため、消費者がドコモに流れる最も大きな理由が今はなくなっている。


今、Appleとしては以前より立場が弱くなってきていることと、欧米でもマルチキャリア展開を進めている状況から見て、ドコモがiPhoneを扱う可能性は無くはないとも言えると思うが、もはや携帯電話のシェアを大きく左右したりドコモの利益率を大きく変えたりするようなビッグニュースにはならなくなっている。


ドコモは、iPhoneに関しては既に失敗し、それはもはや取り返しはつかないのだ。



2013年1月9日水曜日

iPhone廉価版はAppleの利益を損ない首を絞める可能性がある

「iPhone」廉価版、年内発売か 米紙報道
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/worldecon/620507/


アップル、iPhoneの廉価版を開発中=関係筋
http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887324890804578230121056393806.html?mod=WSJJP_Technology_LeadStory


スマートフォン市場拡大のなか、Android機が着実にシェアを押さえて来ているが、そんな状況に焦りがあるのか、AppleはiPhoneの廉価版を開発し、発売するかどうかを考えているようだ。


だがiPhoneの廉価版を発売した場合、競合するのは有象無象の廉価なAndroid機たちではなく、従来の高価なiPhoneのほうになるだろう。これはAppleにとって致命的なほどの不利益となる可能性をはらんでいる。


これまでAppleはiPhoneは常にフラッグシップモデルのみの新機種を発売し、過去のフラッグシップモデルを実質的に廉価版として扱ってきた。この方法の場合、エンスージアスト層とイノベーター層、フォロアー層の一部が新機種へ向かい、残りのフォロアー層とライト層は型落ちモデルを選択するというような形になり、売れ残りなどが利益を圧迫する事態もあまり起きていない。


また、iPhoneは基本的にリセールバリューが高いことからエンスージアスト層にもイノベーター層にも価格の高さの割に手を出し易く、新機種が短いサイクルで発売されても発売されるたびに売れていったという面がある。


新製品発売の度に大量に中古市場に流れ出る型落ちのiPhoneも人気が高く、累積販売数に比した稼働率はAndroid端末よりかなり高く、これからもその傾向は高まるのではないだろうか。こうしたやり方を続けていけば、実稼働数は着実に増加していくはずだ。


ここへ廉価版の新機種も投入するというサイクルになった場合、イノベーター層とフォロアー層の多くは廉価版に流れ、ライト層の一部も廉価版に流れる。さらに廉価版の存在のせいでフラッグシップモデルのリセールバリューが落ちることもあって新製品発売の度に買い換える層は大きく減って、売上は激減するだろう。


結果、Android端末のような使い捨ての方向へ進み、稼働率も下がり、iOS市場の未来に影を落とすことになると思われる。


以上の理由から自分は、iPhoneの廉価版を用意するのは戦略的に間違いであろうと考えていて、おそらくAppleも今年は投入しないのではないかという風に思う。



2012年12月30日日曜日

意外な結果。高速道路SAではau LTEが圧倒的につながる

帰省ラッシュ目前!新東名高速で3キャリアの4G/LTE通信速度をチェック!!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121228-00000046-rbb-sci
http://www.rbbtoday.com/article/2012/12/28/100426.html

基本的に都内、地方都市ともソフトバンクが強いという風に認識していたのだが、少なくとも新東名高速ではauが圧倒的というか、まともにLTEでつながるのがauのAndroid端末のみという。


逆にauのiPhone5ではLTEが繋がらない。このことがauが弱くソフトバンクが強いという自分の勝手な誤解の原因だろう。auは2GHz帯でのLTE網の整備が遅れているが、800MHzのLTEで他社を引き離しているということなのだろうか。それとも、やはりトヨタ系だけあって高速SAでたまたま強いといった事情があるのだろうか。ともかく2GHz帯でしか接続できないau iPhone5は残念ながらLTEが弱いということになる。


一方でドコモはLTEが繋がらない上に繋がっても遅いものの3Gでもそこそこ安定して速いというのはこれはこれで素晴らしいことだとは思う。


高速道路のサービスエリアというのは、人がそんなに住んでいるところではないから人口カバー率だけを考えると整備を後回しにするということは考えられるが、本当の意味でのカバレッジとはそういうことではなく、やはり人が携帯電話を、データ通信を実際に使いたい場所で使えるということなのだから、通信各社、やはりこういう場所ではしっかり迅速に整備していただきたいものだと思う。