Google Cardboardって知ってますか?

これは、スマホと簡単なダンボールなどで作った箱を組み合わせることで、簡易に3Dディスプレイを実現できるという画期的な仕組みで、Googleが箱の設計図を公開しているので自作することもできますし、通販でサードパーティが作ったものを1000円程度から購入することもできます。

Youtubeで「YT3D」とか「3DSBS」で検索すると対応動画が山ほど出てきて楽しめるし、Google Mapsのストリートビューで回転ボタンをダブルタップして装着すれば、まるでその場に立っているかのように見えます。(感じ方には個人差があります)

このGoogle Cardboardの存在を知って、居ても立ってもいられずに、とりあえず頭に固定できるやつがいいだろうと思ってハコスコDXを買ったはいいのだけれど、ハコスコDXは通常のGoogle Cardboard用の製品と違って磁石のスイッチがついていないことに買ってから気が付き、なんか悔しいのでスイッチを作ってみました。

こんな感じです↓

思いつきでやってみることにした時は、果たしてうまく行くのかとかなり疑問でしたが、思った以上に簡単かつ完璧に動作したので、大満足です。

仕組みは、超強力磁石を内側に両面テープと、念のためポリエチレンテープで貼り付け、外側に磁石をくっつけるだけ。

これだけで、内側の磁石がぐらつくことも全くなく、外側の磁石を軽く指で下げればバッチリ反応します。(私の機種 isai FLでの結果ですので、機種によっては動作しないかも知れませんが)

5mmくらいの動きでも反応しますし、2cmくらい引っ張ってもちゃんと元の位置に戻ってくれるので、十分実用的です。

使用した磁石は↓のダイソーで販売されているものです。

もしハコスコDXを持っている方や、これから購入検討されている方は、参考にしてみていただければ幸いです。