沖縄在住6年目 菊池カケルのブログ

沖縄

no image

宜野湾市 菊池カケルの政策主張一覧

今回の立候補では、選挙公報で以下の政策主張をうたっています。テーマ: 『財産』を積み上げ、『自立』を目指す行政を①宜野湾環状バス構想で、 普天間飛行場に分断された街を一つに!②全国に先駆けた選挙カー等の騒音禁止で、 観光立国沖縄、そして基地騒音問題への牽

宜野湾環状バス構想について

私の主張の一つである宜野湾環状バス構想についての概要を説明したいと思います。 この構想の意図は、 ・普天間飛行場に分断された形となっている宜野湾市の東西経済を一体化し、域内経済を活性化する・市外、県外からの来客に対して、宜野湾市という単位で周遊性を提供し

no image

私が「選挙カー等の騒音禁止」を主張する理由

恐らくこの主張については非常に単純なウケ狙いのようにとられる部分が非常に大きいと思いますが、これについては地方政治の根本的な問題の部分や、沖縄特有の問題解決策としての意味も込めていますので、敢えて声高に主張したいと思っているところなのです。まず、単純に政

no image

沖縄にスモールハウスは適しているか

人口密度が高く、土地が限られるという意味では沖縄もスモールハウスの土俵ではあると思うけれど、あまりそのようにはなっていない。これは地域特性が影響しているのだろうと思う。沖縄が東京圏と違う点で、スモールハウスの選択肢を弱めている理由が明確な分だけでもいくつ

no image

沖縄のコンビニ市場は飽和状態というのは本当なのか?

沖縄にセブンイレブンが参入検討のため市場調査中であるというニュースが流れたとき、ついにか、という反応とともに、沖縄はすでにコンビニがたくさんあって飽和状態だから入ってこれないよ、という反応があった。確かに沖縄に住んでいると、こんなに必要かと思うくらいコン

no image

沖縄の鉄軌道開通までの幹線バス+支線構想

先日、琉球大学元教授で沖縄県の都市政策に関わりの強い池田孝之博士とたまたまちょっとお話しする時間があったので、沖縄県が出した鉄軌道構想について、もし実現するとしても2033年では随分と気の長い話すぎるんじゃないかということを言ってみた。すると、実は沖縄自

no image

故郷がない私

私の生まれた場所は静岡県なのですが、0歳で静岡県を離れているため、ほぼ記憶がないので、所謂”ふるさと”とは言えません。最近は出身地とすらあまり言わないです。出身地を聞く時に求めている情報とはたぶん違うでしょうから。その後は1~4歳

no image

沖縄の鉄道構想は総事業費の圧縮のためのアイデアを考えることが重要

沖縄の那覇市周辺は全国の政令指定都市と同様の密集状態にある大都市であることは意外とあまり知られていない。米軍基地のような人口空白地を含めても人口密度が高い状態であるから、都市交通としての鉄道の導入は実現性が高い状態にあるはずだ。仙台市や札幌市にすら地下鉄